■ 介護の翼Care-wing(ケアウイング) ■

本システムはNFC(NearFieldCommunication)技術を用いた、訪問介護、訪問看護支援ソリューションです。介護事業所、看護ステーション、利用者宅、患者宅、介護施設など、介護・看護の現場において介護職員、看護師、サービス提供責任者など業務に関わる方々をサポートするモバイル端末とクラウドを使用した画期的なシステムです。

 

介護の翼Care-wing(ケアウイング) は特定事業所加算取得をサポートします!!

介護の翼Care-wing(ケアウイング) の動画を公開中です。

 

こんな悩みを抱えてませんか?

@予定変更が多くてヘルパーのシフト管理が大変 Eヘルパーの伝票記入、サービス内容の報告書作成の時間を減らしたい
Aヘルパーへの予定の伝達を効率的に確実にしたい Fヘルパーの伝票記入・提出がきちんとされなくて困っている
Bどのヘルパーでも一貫性のあるサービスができるようにしたい G伝票確認、転記作業が大変で記入漏れ、重複記入ミスが心配
Cヘルパーが利用者宅で予定通りサービスをしているか心配 H能力に応じた給与計算にまで手が回らない
Dヘルパーの労働時間を適正に把握・記録したい I訪問回数を増やし、収益アップに繋げたいけど・・・
ケアウイングですべて解決できます

Care-wingを使用した業務フロー

Care-wing を使用した業務フロー

Care-wingを使ったヘルパーの介護業務

ヘルパーさんはスマートフォン(タブレット)にICカード(ICタグ)をかざすことと、音声入力で介護記録、申し送り等の記録が行えます。

 
Care-wingを使ったヘルパーの介護業務

Care-wing端末アプリとWEB管理画面

利用者宅でのサービスの開始時間、終了時間、サービス内容、申し送り事項がリアルタイムで確認できます。サービス提供票も自動作成され、月末に集中していた入力作業が大幅に削減され、大幅な時間とコストの削減が見込めます。

 

ケアウイングのWEB管理システムについてもっと詳しく >>

 
Care-wing端末アプリとWEB管理画面

訪問介護・看護支援

看護ステーションと介護事業所を併設している場合などは、介護・看護システムが最適です。

 
訪問介護・看護支援

Care-wingシステムの優位性

年配のヘルパーさんにとってスマートフォンの操作は容易ではありません。入力ミスや選択ミスによる間違い少なくはありません。スマートフォンを使うことでかえって効率が悪くなる場合があります。これまでのスマートフォンアプリがあまり利用されなかった理由も納得ができます。ケアウイングはICカード(ICタグ)にかざすだけ。だから、年配のヘルパーさんでもその日から簡単に使えるのです。

 
Care-wingシステムの優位性

今後の開発予定

 
地域包括ケアシステムへの対応

 

かかりつけ連携手帳(IC 付)に対応

 
かかりつけ連携手帳(IC 付)に対応